Miraワイヤレスメッシュスタック (MiraOS 2.4)

Miraワイヤレススタック(MiraOS 2.4)

我々は、ノックアウト性能を持った技術を開発していますが、同時に最適なユーザー体験も提供したいと考えています。それはエンドユーザーのためだけでなく、製品を開発している開発者や、製品をインストールして運用する人たちのためにも。MiraOS 2.4では引き続き、理想的なテクノロジーと利用の簡素化に注力していきます。
Niclas Norlén
LumenRadioのCTO

ワイヤレスメッシュの導入がこれまで以上に容易になります。

LumenRadioは信頼性の高いワイヤレス接続のためのオペレーティングシステムであるMiraOS 2.4のニューリリースにより、より多くのオプションを提供することで、MiraOSを使用した製品の開発プロセスを容易にし、MIRA搭載製品の市場投入までの時間を短縮するための新たな一歩を踏み出しました。

LumenRadio社のビジョンは、市場で最も柔軟性があり、将来性のあるワイヤレス接続ソリューションを開発することですが、と同時に当社の顧客である

製品開発の人々が、このワイヤレス技術を製品に実装することを、容易にすることも目標の1つです。それはMiraOSの新バージョン2.4に明確に示されています。

MiraOS 2.4のユニークな機能

  • スタンドアロンMiraMesh 

超信頼性のメッシュテクノロジーをMiraOSと共に、またはお好みの他のオペレーティングシステムで使用できます。

  • ユニバーサル無線プロトコルのタイムシェアリング 

同じ物理層を利用して、Mira Meshと同時に任意の無線プロトコルを運用可能

  • リンクローカルマルチキャスト –

データの大量スループット又は、超低エネルギー製品に、最適化されるマルチキャスト

上記のユニークな機能に加えて、LumenRadioは多くのパフォーマンス改善を行い、MiraOSとMira Meshの信頼性を次のレベルに引き上げました。

  • スタンドアロンMiraMesh

MiraOS以外のオペレーティングシステム上で実行しているアプリケーションコードに大規模な投資を行っているお客様にとって、すでに開発された製品ソフトウェアを新しいオペレーティングシステムに移植するのは、非常にコストがかかり、長いプロセスになります。

スタンドアロンMira Meshは、そのようなお客様にとって、Mesh機能搭載製品の市場投入までの時間を短縮すると同時に、長期的にMiraOSへの移行を容易にするでしょう。Mira Meshスタックは、FreeRTOSやZephyrなどの他のオペレーティングシステムで使用が可能なほか、ベアメタルでも動作します。

当社のオペレーティングシステムMiraOSはモジュール化された方法で構築されており、コードベースの構造により、MiraMeshスタックを分離し、他社のソフトウェアエコシステムで相互運用を可能にするプロセスが容易になりました” – LumenRadioのソフトウェアエンジニア

Max Sikström氏

  • ユニバーサル無線プロトコル時分割

昨年、LumenRadioはBluetoothとの同時接続機能をリリースしましたが、MiraOS 2.4ではユニバーサル無線プロトコルのタイムシェアリング機能が追加され、MiraOSはMira Meshと同時に任意の無線プロトコルを実行できます。

これにより、ワイヤレス製品と他のデバイス間でZigbee、Thread、Bluetooth Meshなどの同時運用が可能になり、同時にMira Meshネットワークが動作することで、新たな機能や可能性が広がります。

  • リンク ローカルマルチキャスト

リンクローカルマルチキャストは、それが照明制御や予知保全のため、バッテリーで動作する超低消費電力センサーに使用されるかどうかに関係なく、データを大規模に配布するための効率的な方法です。

新しいAPIを介して、顧客はデータスループットを優先するか消費電力を選択するかのバランスをとることができます。

  • 安心のワイヤレス

ワイヤレス技術の実装は、以前は困難なプロジェクトと見なされてきました。
MiraOS 2.4により、LumenRadioは、ワイヤレステクノロジーの開発者とエンドユーザーの両方のユーザーエクスペリエンスに関する新しい章を開始し、安心のワイヤレス技術の約束を実現します。