Low Energy メッシュ

Low-Energy Mesh

ワイヤレス接続におけるエネルギー消費量の削減は、多くの業界で強い需要となっています。これまでLumenRadioは、ワイヤレスの完成度を高めることに注力し、ローエナジーメッシュの分野で独自の成果を上げてきました。確かにライフサイクル全体を通して同じバッテリーで動作するワイヤレス製品を持つことは、一部の人にとっては夢のような要求かもしれませんが、私たちはそれを実現したのです。

HVAC、ビルディングオートメーション、または産業用センサーネットワーク業界のメーカーにとって、バッテリー駆動デバイスにおける低エネルギーメッシュテクノロジーの主な推進力はレトロフィット、建物の改造です。

古い建物はエネルギー効率の高い建築の要件を満たすために最新のテクノロジーで改造する必要があり、産業機械は設置コストを下げ、製品コストを下げ、製品の耐用年数を延ばすためにも、ゼロワイヤーに移行するべきです。

LumenRadioでは、これはしばらくの間、R&D部門のフォーカスポイントでした。MiraOS v2.0をリリースしたとき、当時、その低電力メッシュでの結果を誇りに思っていましたが、今日、MiraOS v2.1でエネルギー消費をさらに削減することに成功しました。これは競合他社をしのぐだけでなく、低エネルギーメッシュテクノロジーの新しい基準を打ち立てたとも言えます。

MiraOS では、メッシュノードの消費電流を16uA以下に低減し、単三サイズの電池でルーティングモードで使用しても15年以上の動作が可能になりました。また、コイン電池のリーフノードは簡単に10年持ちます。この消費電力量は、毎分160バイトのデータメッセージを送信した場合の計算です。この低消費電力の能力は、電池サイズを小型化できるほか、センサのメンテナンス回数を減らすことにもつながります。すなわち、MIRAを導入することで、各社の製品メンテナンスコストを大幅に削減する可能性を提供することができます。

今日、私たちの超低エナジーメッシュに匹敵するワイヤレス技術は他にありません。データ収集の間隔が5分であれば、5年間のバッテリー寿命を実現しているものもありますが、私たちはそれをはるかに超えています。

実際、MiraOSの場合、唯一の限界点はバッテリーの純粋な寿命であり、現在の仕様では、自己放電により15年以上持つ単三サイズのバッテリーはありません。今後、電池の寿命がさらに伸びてきたら、喜んでさらなる超ローエナジー技術にチャレンジして、さらに長い寿命を提供していきます 私たちは、このローエナジー技術をゼロワイヤーテクノロジーTMと呼んでいます。

上記のように、これは他の競合するワイヤレス技術よりも格段に優れています。そして事実、今日のバッテリーで可能な最高のワイヤレス技術です。これは新しい非公式ながら、世界記録になるのかもしれません。私たちはそう考えています。