スマートライティング

ワイヤレス照明制御

MiraOSを使ったライティング制御 VS  TimoTwoを使ったDMX制御

 

照明制御をワイヤレスで行うことで、非常にスマートで設置コストを削減した制御システムが構築できます。我々はこのワイヤレスによる照明制御をスマートライティング制御とよび、IoT向けの製品であるMiraOSをプラットホームにしたDALIプロトコルのワイヤレス伝送とセンサーを組み合わせた照明制御システムのご提案、またはDMXワイヤレスモジュールを照明器具に搭載することで、非常に簡単にワイヤレス制御を実現するアイデアについて、ご提案しております。

WHY MIRA FOR LIGHTING?

MiraOSは、大規模でインストールが簡単なワイヤレスメッシュライト制御ネットワーク用の組み込みオペレーティングシステムです。 当社の特許取得済みテクノロジーにより、超信頼性と将来性のある接続が可能になります。

MiraOSは簡単なスケーリングに重点を置いて開発されており、シングルルームのライトコントロールから始めて、後でIoTにスケーリングするオプションを提供します– BMSまたはCMS対応のライトコントロール。

簡単なコミッショニングと独自の信頼性を実現する特許取得済みのテクノロジーと組み合わせることで、MiraOSは明日のビジネスクリティカルアプリケーションに対応するIoTを実現します。

Bluetoothとの同時操作

試運転の一部としてBluetoothが使用されています。 クラウドから携帯電話またはタブレットにデータをダウンロードし、独自に開発したアプリを使用して、試運転データをBluetooth経由でシステムに送信します。

照明製品用MiraOSのネットワークにユニットを追加または変更する場合、Bluetoothも使用されます。 費用対効果と迅速な設置により、簡単な試運転が最優先事項です。

信頼性の高い

MiraOS照明構成は、信頼性と効率的な通信に重点を置いて開発されています。 当社の特許を取得したCognitive Coexistenceテクノロジーは、干渉や干渉を引き起こさずに他のワイヤレステクノロジーと共存できるため、照明器具をFutureProofにします。

拡張性のある

MiraOS for Lightingは、ローカルライトコントロール用のBluetoothと、大規模な建物の幅広いIoT接続用のMiraMeshの同時操作を可能にします。

ローカルのBluetoothから、IPv6を完全にサポートする建物全体のMiraMeshまでシームレスに拡張できます。 再委託する必要はありません–箱から出してすぐに機能します。