空調(HVAC)

HVAC & ビルディングオートメーション

スマートビルディングのためのワイヤレスソリューション

ワイヤレステクノロジーは、サスティナビリティー向上に貢献するエネルギー効率が高く、応用範囲の広い柔軟な製品を生み出し、バッテリー駆動の製品で、その設置を簡易とし、メンテナンスコストと設置コストを大幅に削減します。

HVAC インダストリーにMIRAOS

LumenRadio社のテクノロジーMiraOSは、これを利用する製品とサービスにより、エネルギー効率の高いデマンドコントロールのHVACソリューションを提供し、エコフレンドリーなビルディングを創出することに貢献します。当社の特許取得済みテクノロジーは、最も困難なIoTアプリケーション向けの比類のない機能を備えた、超信頼性と将来性のあるワイヤレス接続を提供します。 MiraOSは商業ビルの大規模メッシュネットワークに最適であり、デマンド管理されたHVACシステムを新たなレベルに引き上げる機会を提供できます。

なぜMIRAOSHVAC、ビルディングオートメーションに有効か?

ワイヤレス接続は、ビルディングオートメーションの中で、強くその存在感を増しています。しかし、同時にワイヤレスに対する不安や不信感が未だ拭えないのもまた事実です。確かに、ほんの数年前まで、有線センサーはビルディングオートメーションシステムの唯一の信頼できるインフラだったかもしれません。多くの人は、今も信頼性を担保するには、有線で接続する必要があると考えているのでしょう。しかしケーブル接続は、果たしてベストな選択でしょうか?高価なケーブル、時間のかかる設置作業、拡張性とメンテナンスには制限があるなど、様々な欠点があることは、誰もが理解しているはずです。今日のワイヤレス技術は非常にインテリジェントであり、完全なメッシュネットワークのワイヤレスセンサーは、有線ソリューションよりも信頼性が高く、保守が容易です。ここでは、将来においても信頼できるワイヤレスソリューションとは、どんなものかをご説明します。

1. 設置の容易さとコミッショニング

商業ビルの有線システムは、多くの場合、設置とコミッショニング(初期運用時の最適化)に非常に高いコストがかかります。有線のレガシーシステムは柔軟性がなく、再コミッショニングと再配置が常に大きなコストドライバーになります。そしてトラブルシューティングのコストは、常にサプライヤー、設置者、顧客の間の不満の対象でした。ワイヤレスに移行することで、これらのコストを有線システムと比較して最大60%は削減できるでしょう。

上記の大幅な節約は、もちろんケーブル配線の削減が関連しています。しかしながら、これらのコスト削減の最大の要因は、コミッショニングの時間です。ワイヤレステクノロジーでは、モバイルアプリを使用してデバイスと通信することにより、建物全体の制御ネットワークを数週間ではなく数日で稼働させることができます。高価で時間のかかるインストール手順はもう必要ありません。

2. エネルギー消費の削減

ビルディングの新しい環境性能評価基準(BREEAM、LEED)では、エネルギー消費と運用コストを削減することが不可欠です。 HVAC業界は、これらの要件を満たす持続可能性のためのエネルギー効率の高い柔軟な製品を生み出すことが重要になっています。
製品をワイヤレス化することで、エネルギー効率が高く、デマンドコントロールされたHVACソリューションが実現できます。それら製品とサービスは、センサーからデータを収集して制御する可能性を備え、低エネルギー消費を通じて持続可能なグリーンビルディングを提供できます。

3. 迅速で柔軟な改修

ワイヤレスシステムは、比類ない柔軟性を提供します。有線システムでは、非常に早い段階で建物の機能を決定する必要があります。多くの場合、それはテナントが誰になるかを知る前にです。大規模なオフィスビルでは常に改修工事が行われているため、柔軟な変更を受け入れる可用性が必要です。ワイヤレスシステムでは、設置後に起こる変更、再配置を受け入れ、決定を可能とする柔軟性が得られます。したがって、将来の高額な再配置のことは気に留める必要がありません。ワイヤレスビルディングオートメーションシステムは、ボタンを押すだけで変更を可能にします。

4. バッテリー駆動デバイス

正しいワイヤレスメッシュテクノロジーを使用することにより、データを宛先に最短かつ最もエネルギー効率の高い方法でルーティングするインテリジェントな自己修復型のネットワークを実現できます。リピーターはもう必要ありません。
これは、ルーティングトランスミッタをオンにしておくための外部電源の必要がなく、バッテリで動作するデバイスがライフサイクル全体を通して同じバッテリで動作可能であることを意味します。

5. 付加価値サービスの実現

ワイヤレスシステムはまた、付加価値サービスへの扉を開き、大きな投資をせずに新しいサービスを簡単にテストすることを可能とします。さらには、建物から得られる貴重なデータをビルディングオーナーに提供することも可能です。これにより、クリーニングの最適化、スペースの利用、資産管理などの新しいサービスが可能になります。接続されたセンサーは、単に室内の環境を制御するだけではありません。

今日、私たちは、HVACにおけるワイヤレス制御およびセンサー製品に対する大きな需要があることを理解しています。ワイヤレスシステムは、これまでにない柔軟性、優れたエネルギー節約、新しく画期的なサービスを提供し、設置コストを削減します。

そしてもう1つの重要なキーファクターは、持続可能性を改善するためにメーカーに対し、エネルギー効率の高い柔軟な製品提供を迫る環境基準の存在です。

未来の持続可能社会実現に向けて、御社の製品に付加価値を与え、無駄なケーブルを排除し、よりエネルギー効率の高い製品を生み出しましょう。ぜひ、LumenRadioのMIRAメッシュテクノロジーにご注目ください。

Firmware Over The Air

MiraOS comes with best in class firmware upgrade over the air (FOTA). This gives you the opportunity to upgrade your product and add new features without costly onsite visits and your system will be operational during the update. This means easier installation, increased flexibility, lower maintenance and installation cost. FOTA can be used for both MiraOS and the application even when it is hosted on an external CPU.

Ultra-Low Energy

When doing an upgrade (from Constant Air Volume to Demand Controlled Ventilation) of an existing buildings HVAC-system you aim for the lowest possible upgrade and installation cost. Our Ultra-low energy meshing mode makes that possible by enabling meshed communication between battery powered sensors within buildings. This means your sensors can run for >10 years in meshing mode on an AA-sized battery.

Easy Commissioning

The biggest problem with todays wired HVAC and building control systems is the expensive and time-consuming installation procedure. MiraOS enables products to be installed in days instead of months. By using NFC or Bluetooth v5.0 for easy commissioning as well as communicating with devices using a mobile app, a controls network can be installed without the need of 3rd party devices.

Coexisting Mesh

The worst thing that could happen using wireless communication within a building would be to interfere with existing critical networks. MiraOS is developed with focus on reliability and efficient communication and our patented Cognitive Coexistence technology makes your product Future-Proof as it will coexist along with other wireless technologies, not being interfered or causing interference.