TiMo module

TiMo module

CRMXchipテクノロジーを使用することにより、LumenRadioは、DMX / RDM互換のSMTモジュールを提供できます。 TiMoは小型ですが、機能性は高いです。33.5mm x 18.5mmというフォーマットで提供しますが、無線ファームウェアのアップグレード、SMTマウントなどのCRMXchipからの追加の利点が多くあります。統合されたオンチップアンテナ、および外部アンテナ用のUF.Lコネクタ。

TiMoは、ETSI EN 300328(v1.8.1)で300mWまでのモジュラー認証で完全にFCC認定を受けています。これは、LumenRadio独自のCRMXテクノロジーにより、業界のあらゆるメーカーの最大許容出力電力です。

すべてのLumenRadioレシーバーと同様に、TiMoは既存のすべてのCRMX送信機、およびG2、G3、G4、またはG4S 2.4GHzモードで動作するワイヤレスソリューションの送信機と完全に互換性があります。単一のワイヤレス一台で器具内の互換性を最大化できます。メーカーは、既存のレイアウトにドロップするだけの完全なOrCAD、Allegro、DXFシンボルライブラリを使用して、TiMoを製品に簡単に追加できます。

レシーバーまたはトランシーバー機能を提供する2つの異なるバージョンで利用可能なTiMoは、多くの異なるアプリケーションで使用して、新しい素晴らしい製品を作成できます。

主な特徴

・32.5mm x 18.5mm SMTモジュール
・SPI DMXウィンドウ機能
・RDMの完全サポート
・RDM UIDバインディング機能
・FCCパート15モジュール承認
・ETSI EN 300328準拠
・レシーバーまたはフレックスとして利用可能
・無線ドライバーの無線アップグレード
・内部および外部アンテナ
・レシーバーモードでの平均消費電力40mA、トランスミッターモードでの250mA
・CRMX、W-DMX™G2、G3、G4、G4Sの受け取りをサポート
・DMXウィンドウ

器具メーカーは関心のあるDMXユニバースの範囲を指定できます。CRMXchipは、この範囲内で変更があった場合に割り込みを送信し、SPIレジスタを介して指定されたチャネルのみを使用可能にします。器具メーカーは、割り込みが受信されたときにのみ関連データを読み取るだけで、完全なDMX制御を実装できます。

RDM UIDバインディング

メーカーはTiMoをRDM UID機材にリンクするバインディングUIDでTiMoをセットアップできます。これは、SuperNovaなどのコントローラーソフトウェアが機材自体のRDMコントロールにワイヤレス機能が緊密に統合された単一の一台として機材を表示できます。機材設計へのそのような緊密な統合を提供する他のワイヤレスモジュールはありません。

FCCモジュラー承認

TiMoはFCCパート15に基づくFCCモジュラー認証を特徴としており、TiMoを機材設計に統合するメーカーは、コンポーネントの追加時に追加のFCC認定を行う必要がありません。これにより、製品開発サイクルの時間と費用の両方が節約されます。

バージョン

CRMX TiMoは、2つの異なる構成で利用できます。

TiMo RX RDM

TiMo RX RDMは、最大リフレッシュレートで最大512チャネルの1つの完全なDMXユニバース用のDMX / RDMレシーバーです。 TiMo RX RDMはRDMと完全に互換性があり、RDM互換のCRMX機器と一緒に使用すると、サポートされている器具のリモート構成と監視が可能になります。

TiMo FX RDM

TiMo FX RDMは、同じPCB上の1つの完全なDMXユニバース用のDMX / RDMレシーバーおよびDMXトランスミッターです。操作モードはいつでも簡単に変更できます。送信機モードでは、TiMo FX RDMは完全に機能するCRMX送信機であり、受賞歴のある当社の認知共存テクノロジーを利用して干渉を最小限に抑えます。レシーバーモードでは、TiMo FX RDMはTiMo RX RDMと同じ機能を提供します。

開発キット

開発キットは、LumenRadioエンジニアによる高度な開発サポートとともに利用できます。必要に応じて、機械的、電気的、ソフトウェア開発サポートを含みます。詳細はこちら

関連製品

CRMX TiMo 開発キット

TimoTwo 開発キット

TimoTwo 開発キットライト