CRMX chip

CRMX チップ

CRMX chip

CRMXchip 24DMX512は、世界最小のワイヤレス照明制御ソリューションです。 CRMXchipは、最新のチップテクノロジーに基づいて構築されており、メーカーが多機能ワイヤレスDMXレシーバーに必要な機能を全て備えています。

SPI、TTL、および(外部ドライバーを介して)RS485信号用のインターフェースが提供され、業界初の「DMXウィンドウ」機能を備えているため、製品内の開始アドレスを見つけるために512スロット全体を処理する必要がありません。この革新により、非常に低コストのワイヤレス専用製品を、DMX処理要件をほとんど必要とせずに製造できます。

RDMをお探しですか? CRMX TiMoをチェックしてください。

主な特徴

・QFN48 6mm x 6mmパッケージ

・SPI DMXウィンドウ機能

・無線ドライバーの無線アップグレード

・<40mAの消費電流

・CRMX、W-DMX™G2、G3、G4、G4Sの受けりをサポート

DMXウィンドウ

この機能により、器具メーカーは興味のあるDMXユニバースの範囲を指定できます。CRMXchipは、その範囲内で変更があった場合に割り込みを送信し、SPIレジスタを介して指定されたチャネルのみを使用可能にします。器具メーカーは、割り込みが受信されたときにのみ関連データを読み取るだけで、完全なDMX制御を実装できます。

互換性

CRMXchipは、すべてのCRMX互換トランスミッタおよびW-DMX™トランスミッタG2、G3、G4、G4Sから信号を受信できます。

関連製品

CRMX TiMo 開発キット

TimoTwo 開発キット

TimoTwo 開発キットライト