Mira v2.3

Miramesh Bluetoothとの共存 MiraOSはワイヤレスメッシュのための信頼あるオペレーティングシステムです。このOSにより、長年、困難と考えられていた問題を解決します。MiraOS は動作中に Bluetooth と MiraMesh を同時にシームレスに実行できるようになりました。これにより、ワイヤレス製品のまったく新しい可能性、柔軟性、およびコスト削減が可能になります。 Bluetooth は今日、スマート デバイスのための、短距離ポイント ツー ポイント接続のナンバーワン テクノロジーですが、ビルディング全体をカバーする信頼できるワイヤレスネットワークの構築には適していません。それはBluetoothの場合、商業施設全体や、工場全体をカバーするだけの拡張性および通信レンジが足りないことが理由です。 このよく知られた一般的な問題を解決するには、2つの異なるChipを製品に搭載する(ユーザーデバイスとの接続にBluetooth用の無線チップ、建物全体をカバーする大規模ネットワークのための無線チップ)ことですが、これにより、製品コスト、ハードウェアのサイズ、複雑性が増し、デバイスの消費電力が増加するという問題があります。 1つの無線ハードウェアを、無線のタイムシェアリングにより動かすというアイデアもありますが、厳しいタイミング要件を持つ複数のプロトコルを同時実行することは非常に困難で、大きな課題となることは周知の事実です。しかし、LumenRadio のR&Dチームは献身的で勤勉な作業を経て、この問題を解決しました。 このMiraOS のv2.3リリースにより、同じチップ上で、Bluetooth と、MiraOS の超高信頼性、低エネルギー、IPv6 対応のメッシュ ネットワークを同時に運用することが可能となったのです。 スマートデバイスの相互作用 これは、ワイヤレス メッシュ ネットワークが完全に機能すると同時に、ワイヤレス製品とスマート デバイス間の相互作用が可能になったことを意味します。Bluetooth との同時運用により、直感的で手間のかからないコミッショニングとメンテナンス、より大きなデータ セットをローカルで展開したり、スマートフォンやタブレットを介したエンド ユーザーとのコミュニケーションなど、多くの便利な可能性が広がります。 スマート ビルディング 内におけるエッジでのユーザーによる操作はますます重要になってきています。これは私たちが今日、感じるように、建物内における生産フローはスタティックではなく、むしろ動的である傾向のため、ユーザーがあらゆる種類の機器をより頻繁かつ簡単に操作できるようにする必要があるのです。 ローカル 制御の多様性は、個別のプリファレンスを有効にできます。これは、明日の職場の活動に必要とされるものです。   「Bluetooth と MiraMesh の同時接続を有効にすることで、顧客は 2 つの世界の最高のものを手に入れることができます。この機能により、信頼性とパフォーマンスを犠牲にすることなく、創造性を発揮してスムーズで直感的なユーザー エクスペリエンスを実現できます。もう隅っこで操作パネルを操作しなくてもいいんです」 Niclas Norlén, CTO, LumenRadio   「MiraMesh スタックで …

MIra2.4

2020年3月 リリース ワイヤレスメッシュの導入は、これまで以上に簡単になります。 LumenRadioは信頼性の高いワイヤレス接続のためのオペレーティングシステムMiraOS2.4のニューリリースにより、より多くのオプションを提供することで、MIRA-OSを使用した製品の開発プロセスを容易にし、MIRA搭載製品の市場投入までの時間を短縮するための新たな一歩を踏み出しました。 LumenRadio社のビジョンは、市場で最も柔軟性があり、将来性のあるワイヤレス接続ソリューションを開発することですが、と同時に当社の顧客である製品開発の人々が、このワイヤレス技術を製品に実装することを、容易にすることも目標の1つです。それはMiraOSの新バージョン2.4に明確に示されています。 スタンドアローンワイヤレスメッシュ 高い信頼性のメッシュテクノロジーをMiraOSと共に、またはお好みの他のオペレーティングシステムで使用することもできます ユニバーサル無線プロトコルのタイムシェアリング 同じ物理層を利用して、MiraMeshと同時に任意の無線プロトコルを運用可能 リンクローカルマルチキャスト データの大量スループット又は、超低エナジー製品に、最適化されるマルチキャスト通信   スタンドアロンMiraMesh MiraOS以外のオペレーティングシステム上で実行しているアプリケーションコードに大規模な投資を行っているお客様にとって、すでに開発された製品ソフトウェアを新しいオペレーティングシステムに移植するのは、非常にコストがかかり、長いプロセスになります。   スタンドアロンMiraMeshは、そのようなお客様にとって、Mesh機能搭載製品の市場投入までの時間を短縮すると同時に、長期的にMiraOSへの移行を容易にするでしょう。MiraMeshスタックは、FreeRTOSやZephyrなどの他のオペレーティングシステムで使用が可能なほか、ベアメタルでも動作します。   “当社のオペレーティングシステムMiraOSはモジュール化された方法で構築されており、コードベースの構造により、MiraMeshスタックを分離し、他社のソフトウェアエコシステムで相互運用を可能にするプロセスが容易になりました” – LumenRadioのソフトウェアエンジニア、Max Sikström氏 ユニバーサル無線プロトコル時分割 LumenRadioはMiraOS v2.3において、Bluetoothとの同時運用機能をリリースしましたが、MiraOS 2.4ではユニバーサル無線プロトコルのタイムシェアリング機能が追加され、MiraOSはMiraMeshと同時に任意の無線プロトコルを実行できます。これにより、ワイヤレス製品と他のデバイス間でZigbee、Thread、Bluetooth Meshなどの同時運用が可能になり、同時にMiraMeshネットワークが動作することで、新たな機能や可能性が広がります。 リンク ローカルマルチキャスト リンクローカルマルチキャストは、それが照明制御や予知保全のため、バッテリーで動作する超低消費電力センサーに使用されるかどうかに関係なく、データを大規模に配布するための効率的な方法です。 新しいAPIを介して、顧客はデータスループットを優先するか消費電力を選択するかのバランスをとることができます。 ワイヤレス技術の実装は、以前は困難なプロジェクトと見なされてきました。MiraOS 2.4により、LumenRadioは、ワイヤレステクノロジーの開発者とエンドユーザーの両方のユーザーエクスペリエンスに関する新しい章を開始し、安心のワイヤレス技術の約束を実現します。

Mira2.5

Mira2.5:ワイヤレステクノロジーが新しいレベルの安定性とスケーラビリティに到達する ワイヤレステクノロジーの専門家であるLumenRadioは、信頼性の高いデバイス間メッシュ接続のためのワイヤレステクノロジーであるMiraの新しいリリースにより、独自の信頼性を新しいレベルに引き上げ、市場で最も回復力があり、将来性のある接続ソリューションとしての地位を固めています。 Snappier BLE beacons デバイスと携帯アプリ間などの高速応答を実現するには、非常に頻繁なBLEビーコンのインターバルが必要になる事があります。しかしながら、 Miraは、BLEとの共存のために、MiraとBLEビーコンの同時タイムスライスで共存を図っており、そのタイムスライシングの制約により、以前のバージョンのMiraでは、1秒あたり5つのビーコンの送信に制限されていました。 今回のバージョンアップで、その2倍の量、1秒あたり10のアドバタイズをサポートするようになり、より応答性の高い試運転とメンテナンスが可能になり、ユーザーエクスペリエンスが向上します。    より簡単なネットワークの再起動 Miraバージョン2.5には、スケジュールされたネットワークの再起動が、実行中のアプリケーションを妨げないようにする機能が導入されています。 以前の再起動/再構築時間を短くするためのベストプラクティスは、ネットワークの再起動が必要な場合に、常にネットワーク内のすべてのノードを同時に完全に再起動することでした。しかしながら、これは実行を継続する必要がある重要なアプリケーションを実行しているデバイスにとって問題になる可能性があります。 ここで再ジョイン機能が役立ちます。これにより、同じシナリオでルートノードのみを強制的に再起動し、 他のすべてのノードは、チップセット全体を再起動する代わりに再ジョイン機能を使用することで再起動/再構築時間を短くすることが可能になります。   さらに、Miraバージョン2.5では、NXPのMKW41zチップセットのサポートも再導入され、ノルディックだけでなく、NXPのプラットホームでも、これまでで最高のMiraを提供できるようになりました。

Mirav2.6

Mira 2.6 ブラックボックスを開く複雑なIoTシステムを簡単に理解するためのモニタリング 2021/ 13 March LumenRadioは、使いやすさ、管理、およびデバッグに重点を置いた新機能と改善を加えた、高い信頼性の低電力ワイヤレスメッシュスタックであるMiraのバージョン2.6をリリースしました。 分散システムと組み込みシステムは管理とデバッグが非常に難しく、ワイヤレスメッシュシステムもその例外ではありません。 これはIoT分野の誰にとっても課題であり、複雑なシステムが「ブラックボックス」であることに多くの懸念があります。 Miraバージョン2.6を使用することで、ユーザーはネットワークヘルスモニタリングサービスを作成し、より詳細なデバッグ情報を抽出し、メッシュで実際に何が起こっているのかをよりよく理解するために必要なツールを利用可能になります。 ビジュアライズのためのツール Miraネットワークを視覚化して理解するために、下記の監視APIが導入されました。 フルメッシュトポロジーデータ すべてのノードについて、無線範囲内の隣接ノードに関するデータ すべてのノードのパケット統計  この情報は、Miraメッシュネットワークがどのように動作しているかについての詳細な図を描くために使用できます。 ネットワーク内のデータの流れを視覚化し、スループットのホットスポットを強調表示し、ルーティングの冗長性とボトルネックのリスクを監視できます。 わずか数秒でのネットワーク再構築 もう1つの重要な機能は、新しいルートノードの起動における挙動です。これにより、ネットワークの再構築時間が数秒に短縮され、Miraネットワークがゲートウェイのメンテナンスと停電を以前よりもはるかに効率的かつ適切に処理できるようになります。

W-Modbus

信頼のワイヤレスメッシュを使ったModbus RTUのワイヤレス伝送  MiraOsによるワイヤレスメッシュの驚異的安定性と信頼性は、多様なIoTアプリケーションを生み出します。 W-ModbusはMiraメッシュの確実な接続性能を使い、制御通信プロトコルのModbusプロトコルをワイヤレス化し、ケーブル接続の手間やコストを削減しつつ、制御機器間の通信を確実にするワイヤレスメッシュのソリューションを提供します。  特徴 安心確実なワイヤレス通信 わずか3ステップの設定と簡単運用 特定のボーレートに依存しない個別設定 箱から取り出し、電源を入れて接続するだけで、すぐに運用できます。コミッショニングはわずか3ステップのシンプル設定. メッシュネットワークのインフラを利用して、建物全体をカバーします。メッシュネットワーク内のホップごとのレンジは見通しのよい条件下で500mくらいの距離をカバーします。 メッシュネットワークにおいては、常に最適化された通信経路が選択され、特定の経路が遮断されてもメッシュトポロジーにより、新たな通信経路が自動的に構築されます。 LumenRadioが特許をもつCognitive Coexistenceは、他の電波の影響を最小化し異なる電波との共存を実現、2.4GHzのISMバンドでも安定して通信を実現します。 モジュラー構成: ネットワーク全体で同じボーレートに揃える必要はなく、個別の設定が可能です。   スペック   Modbusの通信をワイヤレスで実現することは、RTUケーブルの削減になり、また建物の改修などの際に、大規模なケーブル敷設の工事負担を減らすことができます。 ワイヤレスと聞くと、通信の確実性を疑問視する声が出てきますが、ワイヤレスメッシュは、通信経路を常に最適化し、通信経路が途中で途切れても、新たな経路をネットワーク内のノードをつかって再構築することが行われます。 このワイヤレスメッシュのベーステクノロジーはMiraOsの技術を前提としており、このMIraOSの特異な性能を使ったメッシュネットワークにおいては、通常のワイヤレス接続の想定を超えた安定性、確実性が担保される点にご注目ください。 ワイヤレスにより得られる利点は、間違いなくケーブル接続の古いスタイルを置き換えるだけの価値があります。     Power supply: 24 VAC ±15% 50-60 Hz, 24 VDC ±15% Max. 消費電力: 2.5 W 24 V output max. power: 10 W Auto resettable fuse: Yes Cable rating, …